テント泊デビュー&山ごはん満喫!
仙丈ヶ岳&甲斐駒ヶ岳 百名山 2座 獲得ツアー

募集・受付中

イベント概要

イベント名:テント泊デビュー&山ごはん満喫! 仙丈ヶ岳&甲斐駒ヶ岳 百名山 2座 獲得ツアー

日程:日程:2024年6月15日(土)~6月16日(日)

集合場所(時間):仙流荘(戸台パーク)(5:30)
※松本駅からレンタカー乗り合わせ有り(松本駅 4:00)

山名(開催場所):南アルプス 仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳

レベル:レベルⅢ

解散予定時間:17:00(仙流荘)
<レンタカー乗り合わせの場合は17:30頃 松本駅 解散>

参加費:37,500円(テント場代、交通費、食費、シュラフ・マット レンタル代 別途)
<山にいこうよ サロン会員特別価格 35,500円>

支払方法:銀行振込、paypay送金、現地現金払

最大催行人数:6名

最小催行人数:3名

申込期限:2024年6月 9日(定員になり次第終了する場合があります)

募集内容

昨年大好評だったmitsuの「山ごはん」を今年もやります!そして、テント泊体験まで出来てしまう…
そんな企画です。

今回の舞台は、南アルプスの女王「仙丈ケ岳」、そしてみんなが憧れる「甲斐駒ヶ岳」の起点ともなる北沢峠の「長衛小屋キャンプ場」です。長衛小屋キャンプ場まではバスを降りて10分程度なので、テント泊でハードルが高い重たい荷物もすぐにデポできるので、日帰り装備同様の荷物でこれらの山に登ることができます。

仙丈ケ岳は女王の名に相応しい、女性的な穏やかな山容、そして美しすぎるカールは一見の価値あり!

対照的に甲斐駒ヶ岳はスリリングな岩場ありな男性的なルートで趣が違った山を1度で味わうことができます。

そして、敷居の高いテント泊をお手軽に体験し、山屋が普段食べている豪華な夕食とお酒で宴をしましょう!テント泊未経験の方、大歓迎、私mitsuの手料理を食べたい…そんな方も大歓迎です!

この講習で学べる事

  • テントの幕営方法
  • テント内の生活について
  • テントの種類と使い勝手について
  • 山でのごはんの作り方
  • もちろん、歩き方についても登山中にアドバイスさせていただきます。

行程

【1日目】

5:30 仙流荘(戸台パーク) 集合

7:00 北沢峠

8:00 長衛小屋 (幕営後、登山開始)

11:30 小千丈ヶ岳

12:15 仙丈ケ岳 山頂

14:00 馬ノ背ヒュッテ

16:30 長衛小屋 キャンプ場

16:30~20:30 食事・宴会・就寝

【2日目】

4:30 起床・朝食

5:30 行動開始

7:00 仙水峠

8:45 駒津峰

10:30 甲斐駒ヶ岳 山頂

14:30 北沢峠

14:45 長衛小屋 キャンプ場

<テント 撤収>

17:00 仙流荘(戸台パーク) 解散
※レンタカー乗り合わせの参加者は松本駅まで(18:30頃 松本駅)

参加条件

・コースタイム × 1.2以内で歩ける体力をお持ちの方

・シュラフ/マットを手配できる方(レンタルあり)
※マット・シュラフのレンタル (税込 3,790円)
※テントはこちらで用意します。

概要図

装 備 表

【服装】【アクセサリ関係】
速乾性下着 帽子(キャップ)
靴下(替え靴下)帽子(防寒、ニット帽)
タイツ手袋・替え手袋
トレッキングパンツネックウォーマー
保温インナー(速乾性)バラクラバ
レインウェア(上・下)サングラス
ソフトシェルゴーグル
フリースゲイター
ダウンジャケット替え下着
【装備・携行品】【飲料・食事】
ザック水筒・テルモス
3シーズン登山靴(ハイカット推奨)行動食(非常食)
ヘッドランプ 嗜好品(酒、つまみ、コーヒーなど)
携帯電話プラティパス
ストックガス
ロール紙 ・ティッシュコンロ
ウェットティッシュコッフェル
タオル・手ぬぐいマグカップ
カイロ箸・スプーン・フォーク
ツェルトビニール袋
乾電池
モバイルバッテリー【幕営道具】
ナイフテント一式
ホイッスルテントマット
虫除けランタン
日焼け止め・リップシュラフ(寝袋)
熊よけ鈴 ペグ/竹ペグ
救急セット(雪)スノーソー
保険証(雪)シャベル
地図インナーシュラフ(小屋泊用)
コンパスサンダル
【登攀・雪崩対策】【その他】
ヘルメット(甲斐駒ヶ岳は着用)歯磨きセット
アイゼン(10本以上)温泉セット
ピッケル
スリング
下降器(ATC・エイト環)
登高器(アッセンダー等)
ビーコン(保有している方は必須)
プローブ
ワカン